【ブラーバ390j】徹底レビュー!ぶっちゃけ性能はどうなの?

生活
すこふぃ
すこふぃ

あなたは「30分あったら何をしますか?」

この30分は、主婦の平均掃除時間です(LION調べ)。

週4回掃除する人なら120分、つまり1週間で約2時間も掃除していることになります。

 

お掃除ロボット「ブラーバ390j」を使えば、120分があなたの趣味の時間になります。

【この記事でわかること】

  • 拭き掃除ロボットブラーバ390jの性能
  • 掃除の時間が趣味の時間に変わる

こんな人にブラーバはおすすめ

  • 新生活で掃除機が欲しい
  • 毎日の仕事で自由時間が少ない
  • ズボラだけど汚れは気になる
  • 一人暮らしでなんだか寂しい
  • ペットを飼っている
  • ミニマリスト

ブラーバは自然と愛着がわき、私も「ブラーバ君!今日も掃除よろしく!!」と声をかけています。

 

ズボラなあなたがするのは、電源を入れるだけ。あとは自動で掃除を開始、終了してくれます。

 

掃除の時間があなたの自由時間に変わりますよ!

ブラーバの掃除性能

それでは早速、気になる掃除性能を動画も交えて見ていきましょう。

床拭きロボット ブラーバ ジェット 390

 

ますは、掃除シートを取り付けます(2倍速です)。

 

 

いざ、掃除スタート!

 

掃除終了後はスタート位置に戻って停止。

 

掃除シートの汚れは…

 

二日に一回のブラーバ君でこの汚れです!!汚い…

ブラーバの掃除モード

ブラーバには水拭きのウェットモード乾拭きのドライモード2種類のモードがあります。詳しく見ていきましょう。

ウェットモード

ウェットモード 床拭きロボット ブラーバ<公式チャンネル>

使い方は簡単!付属のウェットクリーニングパットを使用するか、市販のウェットタイプの掃除シートを取り付けるだけです。

 

ウェットモードでは、同じ場所を3度丁寧に拭きながら進むので、頑固な皮脂汚れ等もしっかりと掃除してくれます。

 

掃除範囲は、約20畳とドライモードに比べて少なくなってしまうので注意!

(画像出典:https://www.irobot-jp.com/braava/300series)

ドライモード

ドライモード 床拭きロボット ブラーバ<公式チャンネル>

ドライモードは、髪の毛やホコリなどをからめ取ってくれます。(私がよく使うモードです。)

 

使い方は、付属のクリーニングクロスまたは、市販のドライシートをつけるだけ!あとは直線的に掃除してくれます。

 

掃除範囲は、驚異の56畳!!一人暮らしなら余裕すぎるくらいです。

(画像出典:https://www.irobot-jp.com/braava/300series)

自動的に部屋のマップを作成して無駄なく掃除!

ブラーバは、「iAdapt2.0 キューブナビゲーション」を搭載。

(画像出典:https://www.irobot-jp.com/braava/300series)

付属の「NorthStarキューブ」を使うと、より正確な位置情報の把握が可能に。今、部屋のどこを清掃しているか、次にどこを清掃すればよいかを判断します。

(引用元:https://www.irobot-jp.com/braava/300series)

掃除を開始すると自動的にキューブにも電源が入るので、楽ちんです!

ブラーバのバッテリー持ち

モード バッテリー持ち
ウェットモード 約20畳
ドライモード 約56畳

ドライモードの場合、私の家(12畳と6畳の1LDK)で約45分で掃除完了。

 

2回掃除をすると、電池切れマークが点滅します。

充電方法

充電方法は、付属のスタンドに立てるだけ。場所も取らずスッキリです!

ブラーバのデメリット

  • フローリング専用
  • 角のほこりの取りこぼしがある
  • 拭き掃除専用(絨毯では使えません)
  • 値段が約4万円と高い

【おすすめポイント①】静か!

ブラーバのおすすめポイントはなんといっても静かさです!

 

拭き掃除しかできないデメリットがありますが、その分吸引する掃除機とは異なりめちゃめちゃ静かです。

 

少し離れると「ブラーバー君どこ行ったー?」とわからなくなるほどです。

【おすすめポイント②】市販の掃除シートが使える!

そして、二つ目のおすすめポイントは市販の掃除シートが装着可能な点です!

 

他の機種は、使い捨ての専用クリーニングパッドを使用します(一部洗濯可能品あり)。

 

その点、ブラーバは市販の掃除シートなら何でも装着可能です!

 

勿論ウェットタイプのシートも可能!なんならワックスがけまでできちゃきます。

床拭きロボットブラーバ390jまとめ

iRobotの床拭きロボットブラーバ390jは、価格こそ高いですが、静音性、掃除性能といい不満な点がありません。

 

私は、掃除の時間をお金(ブラーバ390j)で買い、趣味の時間を増やすことができました。

 

「やりたいことがあるけど時間がない」という方には、是非ともおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました